左門 豊作

巨人の星(テレビアニメ)の登場人物。読みは「さもん ほうさく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
巨人の星(テレビアニメ)
正式名称
左門 豊作
ふりがな
さもん ほうさく

総合スレッド

左門 豊作(巨人の星)の総合スレッド
2016.03.22 15:51

概要

早くに両親を失い、5人の弟妹とともに親戚の家に身を寄せ、疎まれながら過酷な生活を続ける。成績は優秀であったが、居候の身であったため、高校進学は断念していたが、親戚への弟妹の嘆願が実り、熊本農林高校へ進学。

ハングリー精神あふれるスラッガーとして、主将として、野球部を甲子園に導く。準決勝で飛雄馬の青雲高校に敗れたのちは、読売ジャイアンツと大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)からのスカウトを受ける。

ジャイアンツ監督の川上哲治からも実力を買われていたが、飛雄馬のジャイアンツ入団を知ると、ライバルとして彼と戦うことを望み、敢えて契約金等の条件が低い大洋ホエールズに入団。

背番号99を与えられる。プロ入り後は相手投手の分析力に優れる大打者として活躍。しかし打倒大リーグボールに関しては、花形満オズマに先を越されることが多かった。

登場作品

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴...