巨椋 魅冬

カルラ舞う!-変幻退魔夜行(漫画)の登場人物。読みは「おぐら みふゆ」。

  • 巨椋 魅冬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カルラ舞う!-変幻退魔夜行(漫画)
正式名称
巨椋 魅冬
ふりがな
おぐら みふゆ

総合スレッド

巨椋 魅冬(カルラ舞う!-変幻退魔夜行)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

長い髪で着物を着た幼女の姿。宮城県山中の身無村の剣神社の巫女で惟高親王の末裔だという。身無村の村民は、皆彼女を恐れ、命令に従う。十六葉八重表菊花紋が描かれた呪いの小芥子をばら撒いて少女の命を次々に奪っていく。その力の根源は剣神社本殿の中にある妖樹・呪木子(じゅぼっこ)にあり、種を使って人を操ることもできる。

自らの企みの邪魔をする扇翔子を操り、扇舞子を攻撃させる。

登場人物・キャラクター

黒髪のおかっぱ頭の少女。扇舞子の双子の姉。本編の初登場時は16歳。埼玉県の浅園学院高校2年生。双子の妹扇舞子とともに祖母・扇千景から迦桜羅天地之書を受け継ぎ、迦桜羅神教38代目教主となった。理知的で物...

登場作品

埼玉県に住む双子の女子高生・扇翔子と扇舞子は幼い頃から不思議な力を持ち、迦桜羅神教の教主の座を譲り受けた。先代教主の祖母・扇千景から受け継いだ迦桜羅天地之書による呪法で、怨霊を操る外法師達に立ち向かう...