巫女神 紅白

妄想戦士ヤマモト(漫画)の登場人物。読みは「みこがみ こうはく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
妄想戦士ヤマモト(漫画)
正式名称
巫女神 紅白
ふりがな
みこがみ こうはく

総合スレッド

巫女神 紅白(妄想戦士ヤマモト)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

主人公山本一番星の友人。極度の巫女さんフェチ。巫女フェチの同朋によって構成された「巫女お庭番」を率いて「魔の森」に住みつき、日本に最後に残された「穢れ無き純真な巫女」を愛で、守り続けている。巫女さんを見るために「魔の森」に侵入した山本たちを敵と見なし、排除しようとするが、戦いの末に山本に敗れ、互いを認め合って友人となった。

それ以後は、時おり森を出て山本たちの集まりに参加し、巫女さんへの愛情を切々と語るキャラクターとなる。

登場人物・キャラクター

いわゆるオタクの高校生。とても強い妄想癖の持ち主で、日常のあらゆる出来事をアニメや漫画の女性キャラに結び付けて思考・行動する。「捨て猫を助けると、人間の美少女の姿になって恩返しに来る」「アニメの美少女...

登場作品

主人公山本一番星は、偏執的な妄想癖を持ったオタクの高校生。生身の女性を憎みフィギュアしか愛せない渡辺流星、眼鏡をかけた女性キャラを狂信的に奉じる宗教団体眼鏡っ子教団の教祖南雲鏡二、普段は気の弱い一般人...