巫 藍子

巫 藍子

むこうぶち(漫画)の登場人物。読みは「かんなぎ あいこ」。傀とはライバル関係。

登場作品
むこうぶち(漫画)
正式名称
巫 藍子
ふりがな
かんなぎ あいこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

裏カジノのディーラーをしている女性で、通称「キラークイーン」。交通事故によって足が不自由なため車いすに乗っている。に似た雀風でツキの流れを読むことに長け、と戦うまでは麻雀でも圧倒的な強さで知られた。父親は右翼の大物・鉢黒剛毅

関連人物・キャラクター

主に高レートの雀荘にどこからともなく現れる、本名・経歴等一切不明な謎の男性雀士。見た目は若いが、かなりの年月麻雀を打ち続けているフシもあり、正確な年齢も不明。静かで丁寧な物腰で、時折笑みを浮かべる他は... 関連ページ:

登場作品

むこうぶち

1980年代、狂乱のバブル時代に入っていた日本。随所で行われる高レート麻雀の世界で名を轟かせている、通称「傀」という男がいた。本名・経歴等は一切不明の謎の人物だが、真の一匹狼のギャンブラー「むこうぶち... 関連ページ:むこうぶち

SHARE
EC
Amazon
logo