巻町 操

巻町 操

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「まきまち みさお」。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
巻町 操
ふりがな
まきまち みさお
関連商品
Amazon 楽天

概要

活発で男勝りな性格をした少女。祖父の柏崎念至は元御庭番衆の頭目で、四乃森蒼紫の師匠。蒼紫ら御庭番衆に合うために東京へと向かう途中で緋村剣心と会い、行動を共にすることになる。高い身体能力を持ち、また隠密御庭番衆から手ほどきを受けているため、戦闘技術も高い。蒼紫の事を心から尊敬しているが、彼が念至を倒した際には、対立することも厭わずに御庭番衆の頭目を名乗ったこともある。

関連人物・キャラクター

四乃森 蒼紫

御庭番衆の頭目。整った顔立ちだが、寡黙で無表情な男性。幼いころから隠密としての訓練を積み、歴代最年少の頭目となった天才。小太刀を武器とし、相手との間合いを詰めて拳や蹴りを叩き込む戦闘スタイル。後には小... 関連ページ:四乃森 蒼紫

関連キーワード

隠密御庭番衆

『るろうに剣心』に登場する集団。江戸幕府が江戸城を護るために抱えていた隠密集団。高い実力を有し、最強を自認していたが明治維新後は雇い先を無くし、裏社会の用心棒などをして生計を立てていた。江戸時代に実在した、御庭番をモデルにしている。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo