市ノ瀬 詠子

さくらの唄(漫画)の登場人物。読みは「いちのせ えいこ」。市ノ瀬利彦とは親族関係にある。

  • 市ノ瀬 詠子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
さくらの唄(漫画)
正式名称
市ノ瀬 詠子
ふりがな
いちのせ えいこ

総合スレッド

市ノ瀬 詠子(さくらの唄)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『さくらの唄』の主人公である市ノ瀬利彦の姉。かつて利彦と同じ富士桜ヶ丘高校に通っていた。恋愛結婚で家を出ていたが、夫のDVのため離婚し戻ってきている。突然におしかけてきた叔父金春久吉とその妻のことを嫌悪している。弟との仲は良好だが、元ヤンキーで当たりはキツい。久吉の策略で利彦が学校での居場所をなくした際、事情を知って久吉を刺そうとするが、かえって久吉らに強姦されてしまう。

登場人物・キャラクター

富士桜ヶ丘高校の美術部に所属する無気力な少年。両親不在の家で、離婚して戻ってきた姉市ノ瀬詠子と暮らしていたが、突然おしかけてきた叔父の金春久吉とその妻に居座られることになる。作品冒頭で妊娠を明かして退...

関連キーワード

『さくらの唄』の主人公である市ノ瀬利彦が通う高校。共学。歓楽街が学校の近辺にある。二科展の審査委員長もつとめるG美大の学長から「ゴミゴミした汚らしい街の高校」と言われる。

登場作品

市ノ瀬利彦は、富士桜ヶ丘高校の美術部に所属する無気力な少年。離婚して戻ってきた姉の市ノ瀬詠子と2人暮らしをしていた利彦だったが、その家に悪どい不動産業を営む叔父金春久吉とその妻がおしかけてくる。叔父夫...