市ヶ谷あゆみの父

市ヶ谷あゆみの父

Gu-Guガンモ(漫画)の登場人物。読みは「いちがやあゆみのちち」。市ヶ谷 あゆみとは親族関係にある。

登場作品
Gu-Guガンモ(漫画)
正式名称
市ヶ谷あゆみの父
ふりがな
いちがやあゆみのちち
関連商品
Amazon 楽天

概要

市ヶ谷あゆみの父親。名前・年齢は不明。いつも運転手付きの自家用車に乗っている。しかし、女装して緑のおばさんになり、気に入らない子供の登校を邪魔する、という妙な趣味を持つ。その姿の時は、子どもたちから「開かずのオバン」と呼ばれ、恐れられている。後に、娘のあゆみから依頼された私立探偵全部田一耕助に、正体を調査されて慌てる。

関連人物・キャラクター

市ヶ谷 あゆみ

佃半平太の隣の家に越してきた、お金持ちのお嬢様。デジャブーというカラスを飼っている。とてもかわいいが、非常に腹黒く計算高い。姫乙女女学院というお嬢様学校に通っていたが、夏休みの宿題「空き缶を百本集めて... 関連ページ:市ヶ谷 あゆみ

関連キーワード

大江戸町

佃半平太が通っているのが区立大江戸小学校で、つくねが通っているのが区立大江戸中学校。土井中村の林間学校の回で地元の子供達が、半平太たちを「東京人」と呼んでいるので、大江戸町は東京都にあるものと推測される。町内にある大江戸神社で、町内対抗少年相撲大会が開かれる。

登場作品

Gu-Guガンモ

正体不明のニワトリモドキの生物ガンモが、小学3年生の佃半平太の家にペットとして居候し、佃家の家族・友人・鳥類たちと巻き起こすてんやわんやの日常を描く、ドタバタギャグ漫画。 関連ページ:Gu-Guガンモ

SHARE
EC
Amazon
logo