市村 ハナ

市村 ハナ

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~(漫画)の主人公。読みは「いちむら はな」。別称、小石川 菜穂子。

登場作品
美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~(漫画)
正式名称
市村 ハナ
ふりがな
いちむら はな
別称
小石川 菜穂子
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和2年(1927)、当時日本の領土だった樺太(からふと)で生まれた少女。実父は他界しており、ハナの母と実弟の留吉の三人で暮らしている。女手一つで現地の女学校に通わせてくれている母親のため、懸命に勉学に励んでいたが、醜い容姿を理由に高嶋津絢子ら同級生から一方的にいじめを受けていた。ついには絢子の画策により泥棒にでっち上げられ、退学処分を受ける。

終戦を無視したソ連軍からの空襲の中、必死でたどり着いた日本本土への引き揚げ船の中でも絢子らに迫害を受け、ほかの人の目もあって乗船する事ができなかった。次の日にやって来た引き揚げ船には無事乗船できたが、ソ連軍の潜水艦からの攻撃を受けて本土のすぐ手前で撃沈され、母親と留吉が死亡。

市村ハナ自身もその際に死亡した事になっている。絢子ら自分を虐げた者達への復讐を誓い、まずは身体を売って金を稼ぎ、天才的な腕を持つ闇医者の先生のもとで美しい顔へと整形手術をした。以降は「小石川菜穂子」という偽名を使って北海道内を転々とし、復讐の機会をうかがっている。

登場作品

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~

北海道を舞台に、整形手術で顔を変えた樺太からの引揚者、市村ハナが、自分と家族を不幸のどん底に陥れた者達への復讐を果たしながら、強(したた)かに生きていく姿を描くサスペンス作品。「まんがグリム童話」20... 関連ページ:美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~

SHARE
EC
Amazon
logo