布椎 眞前

八雲立つ(漫画)の登場人物。読みは「ふづち まさき」。別称、邑見 眞前。布椎闇己とは親族関係にある。

  • 布椎 眞前
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
布椎 眞前
ふりがな
ふづち まさき
別称
邑見 眞前

総合スレッド

布椎 眞前(八雲立つ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

素戔嗚の怨念を解き放ち、世界に混沌をもたらそうとする負の巫覡。布椎闇己の実の父親で、布椎海潮若國の実弟。布椎家を飛び出し、海外を転々としたあと、忌部家神剣集めを手伝っていた。闇己とは、野井辺村で初めて会った。その後、斎島では闇己の代わりに顕斎儀の祭主を引き受けている。

なお、楠には邑見、忌部家が雇った傭兵には、リカルドと呼ばれている。

登場人物・キャラクター

『八雲立つ』の主人公の一人。16歳で布椎一統と布椎神道流居合道の第15代宗主となった少年。素戔嗚の怨念昇華が悲願。道返神社の結界を神剣・水蛇に守らせたあと、東京の叔父の家に身を寄せ、七地健生と行動を共...

関連キーワード

『八雲立つ』に登場する組織。断絶した紀埜家の巫覡復興を悲願にし、120年間、宮司として紀斐神社を守ってきた。目的は、熊野の巫覡の存在を世界に知らしめること。そのために、古代神「砂鉄大神」を神降ろしし、...

登場作品

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器...