布椎 蒿

布椎 蒿

八雲立つ(漫画)の登場人物。読みは「ふづち こう」。布椎闇己とは親族関係にある。

登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
布椎 蒿
ふりがな
ふづち こう
関連商品
Amazon 楽天

概要

布椎闇己の同年齢の従兄弟。関東布椎家の頭領布椎若國の一人息子でありながら、布椎一統の因習を嫌い、反抗的な態度を取っている。たが、闇己の補助で気を降ろすことに成功してからは、巫覡としての自覚が芽生えた。野城上修を兄のように慕い、頼りにしている。恋愛に関しては、七地夕香一筋。

関連人物・キャラクター

布椎闇己

『八雲立つ』の主人公の一人。16歳で布椎一統と布椎神道流居合道の第15代宗主となった少年。素戔嗚の怨念昇華が悲願。道返神社の結界を神剣・水蛇に守らせたあと、東京の叔父の家に身を寄せ、七地健生と行動を共... 関連ページ:布椎闇己

関連キーワード

布椎一統

『八雲立つ』に登場する組織。真名志がたてた神への誓約で、50歳以上は生きられない運命を背負わされた一族。宗主に至っては、神に命を返すため、神和祭で首を撥ねられていた。そのため結束が異常なまでに固く、血... 関連ページ:布椎一統

登場作品

八雲立つ

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器... 関連ページ:八雲立つ

SHARE
EC
Amazon
logo