帝 綜左衛門

帝 綜左衛門

喰霊(漫画)の登場人物。読みは「みかど そうざえもん」。帝京子とは親族関係にある。

登場作品
喰霊(漫画)
正式名称
帝 綜左衛門
ふりがな
みかど そうざえもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

帝京子の実兄。陰陽道本家の跡取り。対策室関西支部の次期室長。「朱悪津(シュワルツ)」という巨大な式神を操る。奈落(封鎖地区)の消滅に当たり京都から上京、自ら志願して対策室の室長に就任した。奈落の出現で世間が霊の存在を認知しはじめたのを機に、歴史の影で身を削ってきた退魔師の宿命を変えたいと願っている。

言葉や態度は冷たいが、心優しい性格。自分に惚れている滝口ツイナを長年あしらっていたが、最後は自らプロポーズしている。

関連人物・キャラクター

帝京子

対策室室長である峰不死子の孫。帝綜左衛門の実妹。安倍晴明を祖とする土御門家が母体の陰陽道本家の娘。式神使いで法術も使う。京都から上京した後、主人公弐村剣輔や土宮神楽と共に除霊活動を行っている。神楽や剣... 関連ページ:帝京子

関連キーワード

超自然対策室

『喰霊』に登場する組織。環境省の除霊組織で、オカルト専門機関。古くから国家の霊的守護のため存在してきた機密組織。その裏では常に土宮家が関わっており、頭首が身体の中に受け継いでいく最強霊獣、白叡を頼りに... 関連ページ:超自然対策室

登場作品

喰霊

霊が見える体質のため、いつも損ばかりしている主人公弐村剣輔は、ある日の放課後怨霊に追われている所を謎の美少女に助けられる。霊獣を操り怨霊たちを消滅させたその少女は、なんと政府の除霊専門機関でバイトする... 関連ページ:喰霊

SHARE
EC
Amazon
logo