帯刀 省吾

柔道讃歌(漫画)の登場人物。読みは「たてわき しょうご」。突進太とはライバル関係。

  • 帯刀 省吾
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道讃歌(漫画)
正式名称
帯刀 省吾
ふりがな
たてわき しょうご

総合スレッド

帯刀 省吾(柔道讃歌)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

柔道の名門、東京の極東高校柔道部主将。60秒以内に必ず相手を仕留めることから「秒の殺し屋」の異名を持つ天才児。主人公・巴突進太最初のライバル。対抗試合のあと、突進太に喧嘩を売られ、九十九里浜で私闘を行う。圧倒的な差で勝つが、敗北よりも死を選ぶ突進太の闘争本能に負けたといい、将来のライバルの出現を予感する。

必殺技・大竜巻落としの使い手。関東高校柔道選手権大会団体戦準決勝で巴突進太と戦い、巴二段投げに敗れる。のちに必殺の柔道を目指して利鎌竜平が開いた鬼道塾に参加。必殺技・天地がえしをマスターする。

登場人物・キャラクター

小柄な体格ながら、ケンカに強く、柔道に天賦の才がある。母子家庭に育ち、大のマザコン。母・輝子が作る「アジのタタキのシソの葉まぶし」と「オハギ」が大好物。初登場時は高校一年生。女三四郎の異名を取った天才...

関連キーワード

『柔道讃歌』に登場する組織。必殺の柔道を標榜する利鎌竜平が講道館に対抗して設立した団体。黒い柔道着と、胸の「鬼」の字がトレードマーク。利鎌が全日本柔道選手権大会に優勝したことで全国の若者が集まり、柔道...
『柔道讃歌』に登場する必殺技。帯刀省吾が使用する。一本背負いなどで敵を投げた後、敵に体当たりし、竜巻のように回転させ頭から落とす技。回転中に襟首をつかんだベン・ワーロックによって破られた。

登場作品

外房・九十九里の漁村で育った少年・巴突進太は、小柄ながら喧嘩に明け暮れる暴れん坊。母・輝子はそんな息子を叱るどころか、「勝って帰るまで家に入れない」と厳しく言い放つ気性で、2人は村で「母子シャチ」と呼...