帰蝶

信長の忍び(漫画)の登場人物。読みは「きちょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
信長の忍び(漫画)
正式名称
帰蝶
ふりがな
きちょう

総合スレッド

帰蝶(信長の忍び)の総合スレッド
2016.09.02 18:12

概要

織田信長の妻で、美濃の大名・斎藤道三の娘である女性。自由奔放でつかみどころのない、天然ボケのような性格をしており、人の話も全然聞かない。しかし、「一緒にいると心が安らぐ」として信長からは非常に気に入られており、夫婦仲は非常に良い。父・道三からは「世界史上一の美女」と評されており、いとこの明智光秀からも好意を寄せられている。

モデルは同時代の実在人物濃姫。

登場作品

1555年、尾張国。見習いの忍者である少女・千鳥は、川で溺れていたところを偶然通りがかった織田信長に助けられ、「乱世を終わらせる」という夢を聞かされる。数年後、一人前の忍びとして忍び仲間の助蔵とともに...