常盤台中学

常盤台中学

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(漫画)に登場する中学校。読みは「ときわだいちゅうがく」。

概要

学園都市でも5本の指に入る名門のお嬢様学校で、レベル3以上の能力者しか在学を許されない。美琴黒子を始め、食蜂婚后など多くの主要人物達が通っている。在学中から世界に通用する能力者を育て上げるため、カリキュラムや校則は非常に厳しく、何かと門限を破ることの多い美琴黒子は頻繁に寮長から大目玉を食らっている。

同じ目的をもつ者同士が自主的にグループを形成する「派閥」という風習があり、校内に留まらず社会への影響をもつほどの規模のものもある。現在もっとも大きな勢力をもっているのは食蜂の派閥で、美琴らは派閥には属していない。

登場作品

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲

学生を対象とした超能力の開発が一般化した地区である学園都市の名門校常盤台中学に通う主人公御坂美琴。彼女は超電磁砲(レールガン)の異名を持ち、学園都市に7人しかいないといわれている最強クラスの能力者レベ... 関連ページ:とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo