平塚 らいてう

平塚 らいてう

「坊っちゃん」の時代(漫画)の登場人物。読みは「ひらつか らいちょう」。別称、平塚 明子。

登場作品
「坊っちゃん」の時代(漫画)
正式名称
平塚 らいてう
ふりがな
ひらつか らいちょう
別称
平塚 明子
関連商品
Amazon 楽天

概要

のちに、思想家・女性解放運動家となる。森田草平と熱烈な恋に落ちるが、すぐに権力と知力にあふれる警視庁警視伊集院影韶に乗り換える。この作品中では、彼女が『坊っちゃん』の「マドンナ」のモデルとされる。史実では平塚と森田の初デートは明治41年である(その後心中未遂事件を起こす)。

実在の人物である平塚らいてうがモデル。

関連人物・キャラクター

森田草平

銀座尾張町のビアホールで、夏目漱石と知り合う。21歳。第一高等学校(一高)生徒。平塚明子と激しい恋をしたが、警視伊集院影韶に奪われる。後に実家に戻る。この作品中では、彼が『坊っちゃん』の「うらなり」の... 関連ページ:森田草平

伊集院影韶

東京警視庁警視で、フランス留学経験者。夏目漱石と、留学中に知り合っている。山県有朋の覚えもめでたく、次期警視総監との話もある。柔道も四段で、知力・体力・権力全て持ち合わせたパワーエリート。それゆえ非常... 関連ページ:伊集院影韶

島崎藤村

小説家で、明治39年3月に『破戒』を発表する。作中では伊集院影韶と平塚らいてうが知り合ったとされる、文学の会合で登場する。島崎が三人の子供を栄養失調で亡くしたことを伊集院がなじり、平塚が妻を文学の犠牲... 関連ページ:島崎藤村

登場作品

「坊っちゃん」の時代

明治38年(1905年)11月、夏目漱石は酒場での縁で知り合った若い友人たちに、新しい小説の構想を語る。題は『坊っちゃん』であった。東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしていた漱石だったが、西欧文... 関連ページ:「坊っちゃん」の時代

SHARE
EC
Amazon
logo