平太

平太

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「へいた」。別称、岩魚。

登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
平太
ふりがな
へいた
別称
岩魚
関連商品
Amazon 楽天

概要

影一族の一人。本名は平太。両足に水かき、脇腹にエラのような孔があり、水中を自在に泳ぎ回り、呼吸することが可能。村人の私刑によって殺された農民一家の生き残りで、湖に突き落とされて死んだ母親に会うために長年潜水を繰り返しているうち、水棲に適した体に変化した。そのため水魔と恐れられたが、噂を聞いた影丸によって見つけられ、影一族に加わっている。

関連人物・キャラクター

影丸

野武士を自称し、各地で起こる農民たちの土一揆を支援して、武士階級打倒の戦いを進める謎の忍者。無風道人から愛州陰流の陰の流れを受け継いだ弟子で、影分身など様々な忍びの術を駆使する。特殊能力を持つ男たちを... 関連ページ:影丸

関連キーワード

影一族

『忍者武芸帳 影丸伝』の組織。影丸が組織した精鋭忍者集団。7人のうち3人しか血縁者はいないが、影丸を通して全員が家族のような絆で結ばれている。三つ子の三つ以外は水中で活動できる岩魚、体から電気を発する... 関連ページ:影一族

登場作品

忍者武芸帳 影丸伝

戦国時代末期、天下統一を進める織田信長に立ち向かう忍者影丸を中心に、仇討ちに生きる剣士など、時代の荒波の中で生きる人々の過酷な戦いを描いた社会派群像時代劇。 関連ページ:忍者武芸帳 影丸伝

SHARE
EC
Amazon
logo