平 清盛

平 清盛

ジパング 深蒼海流(漫画)の登場人物。読みは「たいら の きよもり」。別称、清盛。

登場作品
ジパング 深蒼海流(漫画)
正式名称
平 清盛
ふりがな
たいら の きよもり
別称
清盛
関連商品
Amazon 楽天

概要

平家の棟梁を務める男性。平治の乱で源義朝を破り、同じ武家である源氏を打ち倒したことで朝廷を掌握、ありとあらゆる権力を手中に収める。平家を中心とした政治を作り出し、時の権力者となった。先見の明に秀でており、日本という国を変えるため、宋銭による貨幣経済の構築や、貴族中心の政治の打破など様々な改革を行う。

そのため未知のものに対して非常に寛容で、「人の世の流れを見定めよ」という源頼朝の言葉に、自身と同じ国を変える者の可能性を感じ、その命を救うことにとなる。商人の魂を持ちつつも随一の武人である。息子達の成長を喜び、孫にあたる安徳天皇を溺愛するなど肉親に対しては強い愛情を示しつつも、権力を手にした平家の次の世代が、武家としての心を失いつつあることに焦りを抱いている。

実在の人物である平清盛がモデル。

登場作品

ジパング 深蒼海流

源氏の嫡男である源頼朝は、父の源義朝らと共に平家との戦いに赴き、その初陣で父や兄といった身内を失い平家の捕虜となる。平清盛に興味をもたれたことで流人の身として生きのびた頼朝は、我が子を授かり、平家との... 関連ページ:ジパング 深蒼海流

SHARE
EC
Amazon
logo