幸田 実果子

ご近所物語(漫画)の主人公。読みは「こうだ みかこ」。

  • 幸田 実果子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ご近所物語(漫画)
正式名称
幸田 実果子
ふりがな
こうだ みかこ

総合スレッド

幸田 実果子(ご近所物語)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

矢澤芸術学院に通う元気な高校生。自分のブランドの店を持つための情熱は人一倍であり、周囲もその努力と実力を認めている。中学時代は学校の画一的な規律と実果子自身の個性が噛みわ合ず不登校になりがちだったが、そんな彼女の素直で自由な生き方に、密かに憧れる同級生は少なからずいた。同じマンションの隣人で幼馴染みの山口ツトムとは、何に付けても一緒でなければイヤ、と言うほど仲良し。

その彼を含めて仲間内でアキンドと言うグループを作り、フリーマーケットで自分自身の手作りのものを売り出す活動に精を出す。両親が離婚していて母と2人暮らし。その離婚時も、ツトムとの関係がギクシャクした時も、精神的に不安定に陥ると、ピアスホールを自分で開けたり髪の色を派手に染め変えるなどと、周囲の度肝を抜かす行動に出る。

小柄でタラコ唇、勝ち気で素直になれないキツい性格、そんな自分に少なからずコンプレックスを持っている。

登場人物・キャラクター

主人公幸田実果子の幼なじみで同じマンションの隣人。「山口さんちのツトムくん」と言う歌が大流行して幼い頃には近所のお姉さんたちの人気者。長じて人気バンド「マンボー」のボーカル山口ケンに似ていると言う事で...

関連キーワード

服飾デザイン科、インテリアデザイン科、ビジュアルデザイン科、工芸デザイン科の4つのコースに分かれていて、午前中に一般科目、午後に専門コースの授業を受ける。校長先生である矢澤愛の自由奔放さから、その校風...

登場作品

主人公の幸田実果子は服飾デザイナーとして自分のブランドの店を持つ事を夢見る少女(物語当初は16歳)。彼女はある日、幼馴染みで隣人の山口ツトムが同じヤザガク(矢澤芸術学園)の先輩中須茉莉子にほっぺチュー...