広中 柚乃

たいようのいえ(漫画)の登場人物。読みは「ひろなか ゆずの」。本宮海斗、本宮真魚とは親族関係にある。

  • 広中 柚乃
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
たいようのいえ(漫画)
正式名称
広中 柚乃
ふりがな
ひろなか ゆずの

総合スレッド

広中 柚乃(たいようのいえ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

真魚の実母。広中は旧姓。本宮海斗とは幼馴染みで、看護師時代に患者として入院してきた本宮海斗と再会し結婚。真魚を授かる。その後、浮気が発覚して離婚した。

登場人物・キャラクター

真魚の実父。離婚した妻・柚乃のことがトラウマとなり、娘の真魚とどう接していいかわからず、素っ気ない態度をとっていた。その後、子連れの女性と再婚する。
17歳の高校2年生。中村基の幼馴染み。両親が離婚し、父親に付いていくも、父親との関係はぎくしゃくしている。基に誘われて同居することとなった。家事全般が苦手で、特に料理は壊滅的に苦手。「空海」というハン...

登場作品

父との仲がぎくしゃくし、家に居場所がないと感じていた女子高生・本宮真魚は、ある日、家を飛び出して、幼馴染みの社会人・中村基の家に転がり込む。そこで一緒に暮らすこととなる二人だったが、基には今は離れてい...