康徳坊

町でうわさの天狗の子(漫画)の登場人物。読みは「こうとくぼう」。刑部秋姫、刑部春菜とは親族関係にある。

  • 康徳坊
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
町でうわさの天狗の子(漫画)
正式名称
康徳坊
ふりがな
こうとくぼう

総合スレッド

康徳坊(町でうわさの天狗の子)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

緑峰山の僧正天狗。刑部秋姫の父親。夏祭りの夜に刑部春菜と出会って恋仲となり、子をもうける。当初、子どもは引き取って山で育てるつもりでいたが、母親の刑部春菜の反対にあって断念。緑峰山で母娘を見守ることとなる。妻・春菜にベタ惚れで、お気に入りのスイーツをお土産に刑部家を訪ねることを楽しみにしている。

娘・刑部秋姫も溺愛しており、何かと世話を焼きたがる。元は破戒僧だったが修行の末、天狗となった。町の人からも信奉されている。

登場人物・キャラクター

群青高校の一年生。天狗と人とのハーフで、父は緑峰山康徳神社の僧正天狗・康徳坊、母は普通の人間の刑部春菜。天狗としての名は緑峰山太郎坊秋姫。「太郎坊」と呼ばれることもある。天狗としての資質はあるが、必要...
刑部秋姫の母親。年上の男性が好みで、夏祭りの夜、450歳年上の康徳坊と出会って恋に落ち、刑部秋姫を産む。子どもは康徳坊に渡す約束だったが、母性本能に目覚め、自分で育てることとなった。また、康徳坊に拾わ...

関連キーワード

康徳坊が治めている緑峰山にある神社。普通の人間は立ち入ることができない禁足地となっている。まだ天狗になりきれていない榎本瞬も神社にいる時はお面を外すことができない。神谷武の祖先の大工が建立した。

登場作品

天狗の父と人間の母との間に生まれた刑部秋姫は、群青高校に通う女子高生。人よりも力持ちであることを除けば、同じ中学出身の同級生・神谷武のことが気になる普通の女の子。幼馴染みでお目付役でもある眷属見習いの...