建部 昌明

天地明察(漫画)の登場人物。読みは「たけべ まさあき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地明察(漫画)
正式名称
建部 昌明
ふりがな
たけべ まさあき

総合スレッド

建部 昌明(天地明察)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

算術と天文学に詳しい書記官で、北極出地の責任者。厳つい外面に似合わず純粋な性格で、計算の一つを間違えると蝋燭を振り回し、暦術の話を振れば少年のように瞳を輝かせる。北極出地に同行した渋川春海に宣明暦が実際の暦とずれが生じていることを認識させるが、旅半ばで病に倒れてしまう。春海伊藤重孝に調査の続きを任せ、「天球儀を胸に抱いて三途の川を渡りたい」という願いを語った。

同名の実在人物建部昌明がモデル。

登場作品

囲碁を打つ棋士の家系、安井家の嫡男である渋川春海は、算術における難問の数々を一瞥しただけで解き明かした人物、関孝和の話を聞きつけ、勝負を挑む。しかし、そのために作り出した問題に欠陥があると知り愕然とす...