建部 昌明

建部 昌明

天地明察(漫画)の登場人物。読みは「たけべ まさあき」。

登場作品
天地明察(漫画)
正式名称
建部 昌明
ふりがな
たけべ まさあき
関連商品
Amazon 楽天

概要

算術と天文学に詳しい書記官で、北極出地の責任者。厳つい外面に似合わず純粋な性格で、計算の一つを間違えると蝋燭を振り回し、暦術の話を振れば少年のように瞳を輝かせる。北極出地に同行した渋川春海に宣明暦が実際の暦とずれが生じていることを認識させるが、旅半ばで病に倒れてしまう。春海伊藤重孝に調査の続きを任せ、「天球儀を胸に抱いて三途の川を渡りたい」という願いを語った。

同名の実在人物建部昌明がモデル。

登場作品

天地明察

江戸時代、囲碁の名家で知られる安井家に生まれた渋川春海。算術の天才、関孝和との勝負や天体観測での旅路、日本独自の暦作りなど、天文学に関わる渋川春海の生涯を描いた作品。冲方丁原作の時代小説『天地明察』の... 関連ページ:天地明察

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
渋川 春海
関 孝和
えん
酒井 雅楽頭 忠清
伊藤 重孝
こと
水戸 光圀
その他キーワード
logo