廻 狂四郎

狂四郎2030(漫画)の主人公。読みは「めぐり きょうしろう」。

  • 廻 狂四郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
狂四郎2030(漫画)
正式名称
廻 狂四郎
ふりがな
めぐり きょうしろう

総合スレッド

廻 狂四郎(狂四郎2030)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

西暦2030年の日本で治安警察に所属し、オアシス農園の生産管理や、敗残兵狩りに従事している25歳の青年。警察官としての階級は平巡査。趣味は時代劇とバーチャマシンを使った仮想世界でのバーチャSEXで、普段は能天気でスケベな性格。幼少期にM型遺伝子に異常が発覚し、両親から隔離されて入院した関東厚生病院で、過酷な戦闘訓練を受けて育つ。

14歳で空軍少年航空隊に入隊し、第三次世界大戦で数々の戦果を上げる。功績を認められ、大戦末期にはMAS(陸軍特殊部隊)に配属される。MASにおいては暗殺を専門に活動し、任務をこなすうちに女子供でもためらいなく殺害する、殺人マシーンのような人格が養われる。

通常なら佐官クラスの地位についてもおかしくはない戦歴を誇るにも関わらず、M型遺伝子に異常を持つことで国家反逆病罹患者とされ、戦後は治安警察の平巡査に配属される。関東厚生病院での戦闘訓練と従軍経験によって、一流の格闘能力を持ち、様々な武器・兵器の取り扱い、潜入や破壊工作にも精通した戦闘のプロフェッショナル。

また、仮想世界内の剣術道場で示現流や柳生新陰流、小野派一刀流などの流派をマスターしている。その上で、火器の携行が認められず、日本刀しか装備の許されない治安警察で実戦経験をつんでいるため、剣術の腕も達人である。仮想世界で志乃と暮らすうちに人間らしい心を取り戻し、戦闘のたびに表出する殺人マシーンとしての人格に苦悩している。

登場人物・キャラクター

『狂四郎2030』の「秀明編」における主要人物。八角清高博士の息子であり、陸軍大尉。デザイン・ヒューマンSの討伐プロジェクトに志願し、Sとの戦闘で負傷して倒れていたところを廻狂四郎に助けられる。戦前は...

関連キーワード

全国各地にある農場で、全国民の99%が男女に分けられて収容され、農作業に従事させられている。ゲノム党の男女隔離政策を担う施設であり、後にオアシス農場内の国民を、従順な労働用デザイン・ヒューマンに置き換...

登場作品

第三次世界大戦を経て、優生学思想がまかり通る管理社会と化した2030年の日本。廻狂四郎はバーチャマシン内の仮想空間で知り合った志乃ことユリカに会いたい一心で様々な障害を乗り越え、志乃のいる中央政府の管...