式亭 小三馬

式亭 小三馬

八百八町表裏 化粧師(漫画)の主人公。読みは「しきてい こさんば」。別称、虎之助。

登場作品
八百八町表裏 化粧師(漫画)
正式名称
式亭 小三馬
ふりがな
しきてい こさんば
別称
虎之助
関連商品
Amazon 楽天

概要

薬屋の式亭正舗の店主。父の式亭三馬が没した後、店を継いでいる。本名は虎之助。直接女性の化粧をすることもあるが、化粧品の開発と引き札(チラシ)などの広告戦略に実力を発揮する。自由な発想で難題を切り抜けていくアイデアマンで、現代のメイクアップアーティスト兼イベントプロデューサー。

「夢は式亭正舗で売っている」と断言し、「江戸の町を化粧したい」という夢を持つ。老中水野忠成に見込まれて利用されそうになるが、再開発絡みの謀略に気付き命を狙われることになった。江戸からの脱出を決意したとき、浅間山の噴火に遭遇。モデルは実在の戯作者、式亭小三馬。

登場作品

八百八町表裏 化粧師

江戸時代末期の文政年間、江戸の町で話題の薬屋である式亭正舗の若き主人、式亭小三馬は、その豊富なアイディアと意表をついた化粧で町の諍いごとや騒動を解決していく。その評判が老中水野忠成にまで届き、小三馬は... 関連ページ:八百八町表裏 化粧師

SHARE
EC
Amazon
logo