影縫 余弦

憑物語(テレビアニメ)の登場人物。読みは「かげぬい よづる」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
憑物語(テレビアニメ)
正式名称
影縫 余弦
ふりがな
かげぬい よづる

総合スレッド

影縫 余弦(憑物語)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

京都弁を操る女性であり、不死身の怪異を専門とする陰陽師。地面の上を歩けない呪いにかかっており、自らの式神である斧乃木余接の頭上やブロック塀の上を常に渡り歩いている。また忍野メメ、貝木泥舟、臥煙伊豆湖手折正弦とは大学の同期およびオカルト研究会の仲間で、旧知の中。

体に起きた異変について相談へとやってきた阿良々木暦に対し、様々な助言を与える。

登場人物・キャラクター

詐欺師であり、金のためなら女子供を騙すことも厭わない男。神原駿河たちが住む街で中学生相手に大規模な詐欺を働いていた過去があり、現在では別件の詐欺の被害者、戦場ヶ原ひたぎとの約束によって街に入ることを許...
派手なアロハシャツにボサボサの金髪という身なり、軽薄かつ皮肉に満ちた語り口で胡散臭さを醸し出す中年男性。その正体は日本中を放浪する怪異のスペシャリストであり、現在は旧キスショットとともに学習塾跡の廃墟...
私立直江津高校3年の男子生徒。友達を作ることを避けているが、性格は優しく、お人好し。春休みに吸血鬼と出逢ったことをキッカケに一時は自らも吸血鬼化、現在でも驚異的な治癒能力を持つ「吸血鬼もどき」である。...
影縫余弦に付き従う童女。周囲からの影響を大いに受けた、その時々で変わる特徴的な喋り方をし、また無表情のまま奇妙なポーズを度々とる。その正体は余弦の式神であり、人間の憑藻神である怪異。『〈物語〉シリーズ...
線が細く色白な風貌をした、人形使いの男。影縫余弦と同じく不死身の怪異を専門とするが、不死身であれど生きている怪異を専門とする余弦とは異なり、本来死んでいるはずの怪異を対象とする。はぐれものであり、怪異...
「何でも知っている」と豪語し、常に全てを見透かしている様に、先回りをした振る舞いを見せる女性。神原遠江の妹であり、神原駿河にとっての叔母にあたるが、面識はない。また忍野メメ、貝木泥舟、影縫余弦、手折正...

登場作品

大学受験を間近に控えた2月13日、阿良々木暦は体が鏡に映らなくなっているという、自らの身に起きる異変に気づく。妹に負わされたばかりの足の怪我も急速に回復へ向かう暦に対し、元吸血鬼である忍野忍は「吸血鬼...