影縫 余弦

偽物語(テレビアニメ)の登場人物。読みは「かげぬい よづる」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
偽物語(テレビアニメ)
正式名称
影縫 余弦
ふりがな
かげぬい よづる

総合スレッド

影縫 余弦(偽物語)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

京都弁を操る女性であり、不死身の怪異を専門とする陰陽師。地面の上を決して歩かず、自らの式神である斧乃木余接の頭上やブロック塀の上を常に渡り歩いている。また忍野メメ、貝木泥舟とは大学の同期およびオカルト研究会の仲間であり、旧知の中。

不死身の怪異そのものである阿良々木月火を狙い、余接とともに街へとやってくる。

登場人物・キャラクター

詐欺師であり、金のためなら女子供を騙すことも厭わない男。神原駿河たちが住む街で中学生相手に大規模な詐欺を働いていた過去があり、現在では別件の詐欺の被害者、戦場ヶ原ひたぎとの約束によって街に入ることを許...
阿良々木暦の下の妹で、中学2年生。姉である阿良々木火憐と仲が良く、2人合わせた「栂の木二中のファイヤーシスターズ」の参謀担当として知られる。和服好きであり、一見大人しそうに見えるが、実際は非常に短気で...
影縫余弦に付き従う童女。周囲からの影響を大いに受けた、その時々で変わる特徴的な喋り方をし、また無表情のまま奇妙なポーズを度々とる。その正体は余弦の式神であり、人間の憑藻神である怪異。『〈物語〉シリーズ...

登場作品

怪異に取り憑かれた5人の少女、彼女たちの問題解決に奔走した後の、高校3年生の夏休み。阿良々木暦は気づけば、その5人の少女のうちの一人であり、現在では恋人でもある戦場ヶ原ひたぎによって学習塾跡地に監禁さ...