役 小角

鬼神童子ZENKI(漫画)の登場人物。読みは「えんの おづぬ」。別称、小角。

  • 役 小角
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鬼神童子ZENKI(漫画)
正式名称
役 小角
ふりがな
えんの おづぬ
別称
小角

総合スレッド

役 小角(鬼神童子ZENKI)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

前鬼後鬼をはじめ、数多くの鬼神たちを使役したという史上最強の呪術師。千年以上前にこの世を去っているが、その超絶的な力で現代に前鬼が蘇り、子孫と共に戦うことを予見していた。

登場人物・キャラクター

千年以上前に役小角によって使役されていた二柱の鬼神の一方で、燃えるような真紅の髪を持つ。人間をはるかに凌駕する身体能力を誇り、破邪の力を秘めた金剛角と体内から生み出す雷を主な武器とする。役咒法堂に祀ら...
異形の者たちを従える巨大な龍で、千数百年前に役小角と彼に使役される鬼神たちに破れ、頭脳と肉体とを別々に封印されていた。頭脳部分はいち早く封印を破っており、肉体も蘇らせ、真の姿を取り戻すために虚空と名乗...

関連キーワード

宝玉が嵌め込まれた腕輪で、役小角が残した法具である。幼少時の小明が祖母から受け継いだ。小明が前鬼の封印を解くには、この法具が必要となる。

登場作品

最強の呪術師・役小角を先祖に持つ女子高生・役小明は、引退した祖母から祓い師としての修業を受け、宿屋を兼ねた占い・御払い処・役咒法堂を切り盛りしていた。あるとき、その役咒法堂に賊が侵入した事件をきっかけ...