律子・キューベル・ケッテンクラート

律子・キューベル・ケッテンクラート

くじびき・アンバランス(漫画)の登場人物。読みは「りつこ・きゅーべる・けってんくらーと」。別称、会長。

登場作品
くじびき・アンバランス(漫画)
正式名称
律子・キューベル・ケッテンクラート
ふりがな
りつこ・きゅーべる・けってんくらーと
別称
会長
別称
りっちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

立橋院学院高等部二年生の女子で、現在の生徒会長。金髪で臀部のあたりまで伸ばした髪を二本のおさげに結っており、立橋院学院生徒会の象徴である、第二次大戦のドイツ軍のようなヘルメット(左右に5個づつ丸い穴が開いている)をいつも着用している。優秀な頭脳と、立橋院学院創立以来最強といわれるくじ運の持ち主で、超強力なカリスマ性と指導力で、学園外部にも影響力を持つ。

父は貴族の血を引くドイツ人で、一流企業のCEO。母は日本人。幼いころ、榎本千尋秋山時乃 の近所に住んでおり、三人でよく遊んでいたが、一時期ドイツへ引っ越していた。千尋と時乃 の二歳年上。生徒会長の任にあるときは、毅然として時乃 が馴れ馴れしく話しかけても答えないが、私服の時は打ち解ける。

羊羹が好き。脱ぐとすごくナイスバディ。アレッサンドロ・ベルルスコーニという婚約者がいる。キューベル・ケッテンクラートという苗字とミドルネームは、第二次世界大戦時のドイツ軍の戦闘車両の名から取られている。

登場作品

くじびき・アンバランス

入学試験から生徒会長の選抜まで、すべてくじで決めてしまう立橋院学院高等部に入学した少年・榎本千尋。彼は、不運体質であったが、次期生徒会長候補の当たりくじを引いてしうことに。これにより、榎本千尋は、生徒... 関連ページ:くじびき・アンバランス

SHARE
EC
Amazon
logo