後藤 凪

後藤 凪

海の御先(漫画)の主人公。読みは「ごとう なぎ」。別称、凪。

登場作品
海の御先(漫画)
正式名称
後藤 凪
ふりがな
ごとう なぎ
別称
別称
兄ぃ兄ぃ
別称
龍神
関連商品
Amazon 楽天

概要

奥津島高に通う17歳の男子高生で、9月23日生まれ。優しく、素直で、無理して背伸びせず、自信の無さを隠そうと虚勢を張る訳でもない、一生懸命な男の子。ひたすらに、目の前の事を理解しよう、そして、理解してもらおうとがんばっている。料理がとても上手。体は痩せすぎず、太りすぎず、適度な筋肉の付き方をしている。

東京から、遥か遠く離れた南の島の奥津島にやってきた。母親はかつて奥津島の人で、御先の巫女の一人であり、を産んですぐに亡くなったが、父親がずっと母親の事や島の事や御先の事をに話していた。何百年も経て今期転生した龍神であると判明後、3人の巫女を理解しようと努力した結果、3人共に惚れ込んでいる。

シャイで女の子にあまり慣れていないため、積極的に寵愛を授けようとしなかったが、昇龍祭で1人の巫女を選ぶことはせず3人全員を選ぶ。そして、これからは島と3人の巫女を守って生きていくことを決意する。

登場作品

海の御先

東京から遥か遠く離れた南の島の奥津島にやってきた後藤凪は、この島で神と祀られている龍神に仕える、鳴海雫、南雲火凛、御剣そよぎという3人の御先の巫女と出会う。そして、凪も母親が御先の巫女であり、実は龍神... 関連ページ:海の御先

SHARE
EC
Amazon
logo