後醍醐天皇

太平記(漫画)の登場人物。読みは「ごだいごてんのう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太平記(漫画)
正式名称
後醍醐天皇
ふりがな
ごだいごてんのう

総合スレッド

後醍醐天皇(太平記)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

二派に別れた天皇家を統一し、朝廷の権威を回復するため、討幕を計画。夢のお告げに従い、地方の一豪族だった楠木正成を自軍の将として迎える。元弘の乱のあと、隠岐島に配流されるが、一年後に脱出。北条氏の鎌倉幕府が倒れると、京に戻り、朝廷を中心とした親政を敷く。これが武家の反感を招き、足利尊氏の謀反へとつながっていく。

歴史上の実在の人物、後醍醐天皇がモデル。

登場作品

時は鎌倉時代。政治の実権を握っていた北条家は、この世の春を謳歌していた。そんな中、朝廷の権威回復を願う後醍醐天皇は、討幕を決意する。楠木正成、足利尊氏、新田義貞らの活躍により、鎌倉幕府は崩壊、後醍醐天...