徘徊老人

“徘徊老人”ドン・キホーテ(漫画)の主人公。読みは「はいかいろうじん」。

  • 徘徊老人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
“徘徊老人”ドン・キホーテ(漫画)
正式名称
徘徊老人
ふりがな
はいかいろうじん

総合スレッド

徘徊老人(“徘徊老人”ドン・キホーテ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

かつては大企業の社長で戦後最高の経営者と言われていたが、ある事件で最愛のを亡くして自暴自棄になり事業に失敗。その後、痴呆症となり、ホームレスに身を落とす。は失踪したと思い込み、を探しながら、正義と秩序を失った日本を救うために奮闘する。

登場人物・キャラクター

『“徘徊老人”ドン・キホーテ』に登場する神。ある日、突然都心に現れた。しかし、その本当の姿が建設途中で放棄された超高層の廃ビルであることを、徘徊老人が見抜く。
老朽化激しいマンションで自治会長をしている男性。ある豪雨の日、突然訪ねてきた徘徊老人に、徘徊老人の妻と間違えられる。
徘徊老人の介護士と名乗る男性。鼻の下の髭がトレードマークで、どこからともなく徘徊老人の前に現れる。火事で命を落とした徘徊老人の妻を生き返らせた。

関連キーワード

『“徘徊老人”ドン・キホーテ』に登場する計画。都が主導する海岸開発の一環の、超高層ビル建設計画。大企業社長だった頃、徘徊老人が部下に勧められる。最初は反対していた徘徊老人だったが、妻が失踪して自暴自棄...

登場作品

かつて大企業の社長でありながら、ホームレスに身を落とし痴呆となった徘徊老人は、自分の前から姿を消した妻を探しながら、正義と秩序を失った日本を救うために奮闘する。