御城 紫信

御城 紫信

てるてる×少年(漫画)の主人公。読みは「おしろ しのぶ」。別称、紫信。

登場作品
てるてる×少年(漫画)
正式名称
御城 紫信
ふりがな
おしろ しのぶ
別称
紫信
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

『てるてる×少年』に登場するキャラクター。御城家の次期当主。七年前、六歳の時に信州にある村から出て、正吾に育てられながら、私立聖徳学院に入学。高校二年生、2年A組所属。トラウマがあり、幸田と共に眠らないと、その夢を見る。母松子から、「生むんじゃなかった」と言われたことがあり、関係がぎくしゃくしている。

晴海とは小学校からのつきあい。才蔵は自分の忍びであり、幼なじみ。彼を慕う左介千代からは敵対されることもある。才蔵と共に過ごすうちに、元々持っていた恋心が明らかになり、好きと言ってしまった。背中に御城当主にのみ現れる花の形をした痣があるが、先代の死後入れられた入れ墨。実は松子幸田の娘で、本物の姫の影武者とされている。

地下で多由耶姫の真実を知り、松子と和解するが、いずれも死亡。その後、御城の組織の解体を願った母の遺志を受け継いで、才蔵や三島の兄弟たちと共に、重臣たちと対立していくこととなった。

登場作品

てるてる×少年

信州の旧家・御城家の出である御城紫信の通う東京の私立聖徳学院中等部に幼馴染で紫信の家臣の忍者・奥才蔵が、転入してくる。主従関係にありながらお互いに惹かれ合う二人だが、御城家に反旗を翻す者が現れる。紫信... 関連ページ:てるてる×少年

SHARE
EC
Amazon
logo