徳子

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「とくこ」。平清盛とは親族関係にある。

  • 徳子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
徳子
ふりがな
とくこ

総合スレッド

徳子(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

平家の棟梁である平清盛の娘。父の病気平癒を祈願するため鞍馬寺を訪れ、漂太と出会う。お互いに惹かれ合うが、漂太が父の敵・牛若だと知り、ショックを受ける。政略結婚のため、天皇家に嫁いだ。歴史上の実在の人物、建礼門院がモデル。

登場人物・キャラクター

平家の棟梁。平治の乱で源氏を破り、天皇に匹敵する権力を手にした。主人公・牛若(漂太)の天賦の才に気づき、いずれ平氏を脅かす存在になるのではと危惧する。牛若を鞍馬寺へ追放したが、その後も刺客を差し向け、...
孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...