徳川 家康

徳川 家康

SAMURAI DEEPER KYO(漫画)の登場人物。読みは「とくがわ いえやす」。別称、家康。紅虎とは親族関係にある。

登場作品
SAMURAI DEEPER KYO(漫画)
正式名称
徳川 家康
ふりがな
とくがわ いえやす
別称
家康
関連商品
Amazon 楽天

概要

紅虎の実父。征夷大将軍。歴史上はじめて壬生一族に刃向い、自らの意志で国を動かそうとしている人物。そのため壬生から命を狙われており、また敵対する真田家の幸村にも絶えず警戒している。普段は伊賀忍者の頭服部半蔵の姿で敵から身を隠している。

強い信念の持ち主であり、懐の広さと余裕も持ち合わせている。実在の人物、徳川家康がモデル。

関連人物・キャラクター

紅虎

主人公鬼眼の狂の仲間。関西弁を話すムードメーカーで、人一番仲間想いの熱い男。もとは壬生京四郎のことを狙う一味のメンバーだったが、へんてこな言動に似合わず腕の立つ京四郎に興味を抱き仲間になる。椎名ゆやに... 関連ページ:紅虎

真田幸村

主人公鬼眼の狂の仲間。打倒・徳川家康を謳う真田家の侍。天下一の知将と呼ばれ、徳川家康が最も恐れる男。女性と間違われるほどの美男子であり、普段から無邪気で誰からも愛される人柄。酒と女を愛し無駄な戦いを嫌... 関連ページ:真田幸村

登場作品

SAMURAI DEEPER KYO

関ヶ原の戦いから4年、愛と平和を謳う薬売りの青年壬生京四郎は、千人斬りの鬼眼の狂と間違われ、賞金稼ぎ・椎名ゆやに捕まってしまう。人違いを証明した京四郎であったが、その後、ゆやと共に訪れた村で、残虐な悪... 関連ページ:SAMURAI DEEPER KYO

SHARE
EC
Amazon
logo