徳川 家斉

百日紅(漫画)の登場人物。読みは「とくがわ いえなり」。

  • 徳川 家斉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
百日紅(漫画)
正式名称
徳川 家斉
ふりがな
とくがわ いえなり

総合スレッド

徳川 家斉(百日紅)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

第十一代徳川将軍。文化十一年十二月八日、徳川家斉は鷹狩りの途中、浅草伝法院に葛飾北斎を召して、その御前にて絵を描かせた。この時、北斎はまず花鳥山水画を描いた。その後余興として、鶏を走らせることで「立田川に紅葉流るるの図」を描こうとするが、鶏が怖じ気づいて動かなかったため失敗してしまう。

しかし、北斎はとっさに指で龍を描くことで事なきを得た。江戸時代の十一代将軍徳川家斉をモデルとした人物。

登場作品

稀代の絵師だが偏屈老人の葛飾北斎、行き遅れの娘・お英、居候の善次郎の3名は、絵の反古(ほご)が散らばる長屋で日々絵を描きながら暮らしていた。季節が移ろう中、彼らは江戸の町で様々なものに出会い、描き、そ...