徳川 秀忠

徳川 秀忠

影武者徳川家康(漫画)の登場人物。読みは「とくがわ ひでただ」。

登場作品
影武者徳川家康(漫画)
正式名称
徳川 秀忠
ふりがな
とくがわ ひでただ
関連商品
Amazon 楽天

概要

徳川家康の三男で家康の後継者とみなされている。温厚で人当たりが良いがそれは偽りの仮面であり、本質は陰険で残忍。長兄である徳川信康に切腹を申し付け、次兄である秀康を人質として他家の養子にした家康を怖れ、また嫌っている。関ヶ原の戦いでは家康率いる本隊には加わらず別働隊を率いるが、道中で真田昌幸が守る上田城攻略が難航。

結局、上田城を落とすこともかなわず、決戦にも間に合わなかった。失態への処遇に怯えていたところ、家康は死亡しており、影武者だった世良田二郎三郎元信が家康として振舞っていることを知る。目の上の瘤がなくなったことで、かねてから抱いていた暗い野望が頭をもたげ、自身の専横を実現しようと画策。

当初は二郎三郎を意のままに操ろうと考えるが、二郎三郎や本多弥三郎正信、本多平八郎忠勝の策によってそれが不可能に。不満をおぼえた秀忠はさまざまな策を弄して自身の世を築こうと暗躍する。同時代の実在人物・徳川秀忠がモデルになっている。

登場作品

影武者徳川家康

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥... 関連ページ:影武者徳川家康

SHARE
EC
Amazon
logo