忍壁皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「おさかべのみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
忍壁皇子
ふりがな
おさかべのみこ

総合スレッド

忍壁皇子(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

天武天皇とカジ媛娘の間に産まれた皇子で、弟の磯城皇子と、妹の泊瀬部皇女と多紀皇女がいる。いとこで天武天皇の息子の大津皇子と、川島皇子とはとても仲が良かった。幼い頃から優れた観察眼を持っており、なにをやっても次期皇太子候補として比較される草壁皇子と大津のことを心配し、争いにならなければよいと不安に思っていた。

後に、天智天皇と橘娘の娘である明日香皇女と結婚し、川島と共に、日本各地に言い伝えられている歴史をまとめ、きちんとした歴史書を編纂する修史事業の担当責任者の筆頭に任命される。歴史上の実在の人物、忍壁皇子がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...