忍法ムササビ

忍法ムササビ

忍者ハットリくん(漫画)に登場する技。読みは「にんぽうむささび」。

登場作品
忍者ハットリくん(漫画)
正式名称
忍法ムササビ
ふりがな
にんぽうむささび
関連商品
Amazon 楽天

概要

ハットリくんたち伊賀忍者が空を飛ぶときに使用する忍法。大きな布の4隅を手足で掴んで背中側で広げ、風に乗って空を飛ぶことができる。ハットリくんが動物のムササビを見て考案し、猛特訓の末完成した。小さいときから修業を積んだ者しかできない荒技。獅子丸は布の代わりに自分の体をつまんで拡げて行う。

ケムマキは同様の技「甲賀忍法モモンガー」や、マントを使った「甲賀忍法コウモリ飛び」を使用する。この忍法ムササビは滑空が基本であり、「平地からは舞い上がれない」「高く飛べない」という欠点があったが、足で挟む部分をあらかじめ服の腿の裏側に繋げておき、空いた両足をパタパタと動かすことによって上昇気流に乗ることができるようになるなど、日々向上を重ねている。

またビルの吹き上げ風を利用して超高層ビルに上ったこともある。テレビに映ったパラ・セーリングを見てハットリくんが改良した忍法「大ムササビ」では、車とパラシュートを使って空高く飛んだ。

登場作品

忍者ハットリくん

伊賀の里からやってきた少年忍者ハットリくんと仲間たちは、ケン一くんの家に居候することになった。生真面目で社会に馴染みのなかったハットリくんだが、得意の忍法でケン一くんを助けて大活躍する。甲賀の少年忍者... 関連ページ:忍者ハットリくん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo