志堂 英太郎

志堂 英太郎

クロスゲーム(漫画)の登場人物。読みは「しどう えいたろう」。

登場作品
クロスゲーム(漫画)
正式名称
志堂 英太郎
ふりがな
しどう えいたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

加藤校長が病気療養中、星秀学園高等部の校長代理を務めている男性。「黙っていても生徒が集まる時代は終わった」と考えており、独断専行で星秀学園と自分の名を高めようと、野球部を甲子園出場校にすることを目指している。そのために、過去に甲子園優勝の経験を持つ大門秀悟を新監督として招聘した。

野球留学生をかき集めさせ、惜しげもなく予算をつぎ込んだ。こういった不正を内部告発されて、理事長から対プレハブ組戦での勝利で不問にするとの条件を与えられるが、敗退し、系列校へ左遷させられる。

関連人物・キャラクター

大門 秀悟

志堂英太郎の紹介で、星秀学園高等部野球部の監督に就任した男性。サングラスをかけ、顎ひげを蓄えている。これまで4つの高校を渡り歩き、春夏合わせて8回の甲子園出場を達成。そのうち優勝1回、ベスト4が2回と... 関連ページ:大門 秀悟

関連キーワード

星秀学園

『クロスゲーム』に登場する中高一貫教育校。樹多村光たちは中等部から通っている。高等部野球部は不良の溜まり場と化していたが、志堂英太郎教頭が、校長の病気療養中に校長代理となって独断で予算を動かし、甲子園... 関連ページ:星秀学園

登場作品

クロスゲーム

小学5年生の時に最愛の幼なじみを失った少年が、徐々に野球にのめり込み、[甲子園]優勝を目指す姿を描いた青春高校野球漫画。「週刊少年サンデー」2005年22・23号から2010年12号にかけて連載された... 関連ページ:クロスゲーム

SHARE
EC
Amazon
logo