志那虎 一城

リングにかけろ(漫画)の登場人物。読みは「しなとら かずき」。竜児とはライバル関係。

  • 志那虎 一城
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
志那虎 一城
ふりがな
しなとら かずき

総合スレッド

志那虎 一城(リングにかけろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

京都府出身。実家は由緒ある剣術道場で、彼もまた剣術の達人である。幼い頃修行中に負った傷が元で、右手がほとんど動かない。しかしそれを補うように左手を強化。一瞬のうちに数発のパンチを繰り出せるまでの能力を得る。関西地区チャンピオンとしてチャンピオンカーニバルに出場。準決勝で竜児と対戦する。

その後の闘いでは竜児、剣崎、石松、河合らと共にチームを組み、「黄金の日本Jr.」と呼ばれるようになる。スーパー・ブローは、ローリング・サンダー、「スペシャル・ローリング・サンザー」、「円月拳」。また、剣術の見切りを応用した防御法「神技的ディフェンス」がある。

登場人物・キャラクター

山口県仁保の貧しい家庭に育つ。今は亡きボクシング世界ランカーの父を持ち、姉菊と共に父の夢であった世界チャンピオンを目指して日々トレーニングを積んでいた。しかし、母の再婚相手の虐待に耐えられなくなり、菊...

関連キーワード

『リングにかけろ』に登場するJr.ボクシングチーム。世界大会終了後、突如来襲したギリシアJr.(十二神)に対抗すべく結成された世界選抜チーム。日本Jr.の5人に、影道一族の総帥、ドイツJr.のスコルピ...

登場作品

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい...