忘木 伊三郎

本気!(漫画)の登場人物。読みは「わすれぎ いさぶろう」。別称、忘れの伊三郎。白根本気とはライバル関係。

  • 忘木 伊三郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
本気!(漫画)
正式名称
忘木 伊三郎
ふりがな
わすれぎ いさぶろう
別称
忘れの伊三郎

総合スレッド

忘木 伊三郎(本気!)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『本気!』に登場する渚組の構成員。坂上幹部の下で、長いこと刑務所にいた。坂上に焚き付けられ、名が売れている白銀本気と張り合う。本気が自分を狙う銃撃の盾になったことから和解する。怪力でゴロマキが得意。彼に殴られると、「頭がパアになって物忘れがひどくなる」というところから「忘れの伊三郎」とも呼ばれる。

地童組とのいざこざで散弾銃で撃たれ、足に障害を負う。

登場人物・キャラクター

『本気!』に登場する、パンチパーマで黒スーツ姿の物静かな青年ヤクザ。北海道・帯広出身。渚組の平河内公平に拾われ、構成員となる。争い事を嫌うが、喧嘩が強く、博打運にも恵まれている。風岡翔に目をかけられ、...

関連キーワード

『本気!』において白銀本気が所属している暴力団。千葉県・渚橋一帯が組のシマになっている。関東に一大勢力を持つ風組に所属している。主な商売は渚競馬場(渚橋競馬場)のコーチ屋やノミ行為、周辺歓楽街の花代な...

登場作品

渚組の構成員白銀本気は、シマを守るべく毎日奔走する。教会に礼拝に来る少女本城久美子に影響され、一般人や弱い人を守り、争い事を嫌うヤクザへと成長する。しかし組織の分裂や、他組織の介入を解決するうちに多く...