念積体

念積体

仙術超攻殻 ORION(漫画)に登場する用語。読みは「ねんせきたい」。

登場作品
仙術超攻殻 ORION(漫画)
正式名称
念積体
ふりがな
ねんせきたい
関連商品
Amazon 楽天

概要

実態を持たないエネルギーや情報の塊。「陰子」と「陽子」の多彩な組み合わせで出来ており、複雑さを「韻度」、結合強度を「念度」で表す。全体が極性を帯びており方向性(頭と尾)がある。小さいものは語連虫(ゴレム)と呼ばれ、長くなると蛇、途中に結合端子が4つあって短いとキツネ、長いと龍、端子が多数あるとムカデなどと呼ばれる。

とてつもなく巨大なものが九頭龍念積体が実体化したものを金剛羅漢と呼ぶ。

登場作品

仙術超攻殻 ORION

惑星「瑠璃家水天」。天台龍法フゼ一族の長フゼンの娘・セスカは、突然「帝国警察軍」の襲撃を受ける。一門の総本山・「暗馬天台」へ跳んだセスカは、そこも警察軍の標的となっている事を知る。父であるフゼン道人は... 関連ページ:仙術超攻殻 ORION

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
仙術超攻殻 ORION
logo