怖畔

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「おずはん」。

  • 怖畔
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
怖畔
ふりがな
おずはん

総合スレッド

怖畔(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

逸刀流剣士。奇異な装束をまとい、常に仮面で顔を隠した謎の剣士。素性など一切が不明。特殊な笛を吹いて敵を混乱させ、驚異的な身体能力で敵を切り捨てていく。ちゃんとした言葉で話すことはできないが、逸刀流のうち瞳阿など何人かとは会話ができる。

登場人物・キャラクター

逸刀流剣士。蝦夷でアイヌ人とともに暮らしていたが、村に馴染めず飛び出し、以降は八苑狼夷作とともに旅を続けている。野盗をしながら生活をしていた時に天津影久と出会い、心技ともに魅了され、逸刀流に加わる。槍...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...