思惟

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。読みは「しい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
思惟
ふりがな
しい

総合スレッド

思惟(最終戦争シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『パトロール』の主人公。漆黒の肌に金髪。新婚3ヶ月だが、多忙で妻の水樹との時間がとれないことを嘆いていた。水樹は思惟に釣り合わないという世間の噂にノイローゼを発症してしまう。パトロールの同僚の西塔小角と、地下の冷凍睡眠場の見回りで秋吉唱が冷凍状態で立ち上がる場面に遭遇。

未来から来たパトロール尾鷹星野に敵だと説明を受け、未来への移民を打診された。その場では断ったが、水樹が原因不明の死を遂げたことで星野についていくことを決意し、姿を消した。

登場人物・キャラクター

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀...

関連キーワード

『最終戦争シリーズ』の組織。最終戦争後の世界の各都市にある、警察と役人、軍を混ぜたような組織。重要な役割を担っているため、メンバーはエリート揃い。時空間犯罪を扱う「超空時課」のほかに「麻薬課」なども存...

登場作品

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく...