恋吹雪

恋吹雪

どす恋ジゴロ(漫画)の主人公。読みは「こいふぶき」。別称、椿 藤十郎。ヒムゾン・グラシアスとはライバル関係。

登場作品
どす恋ジゴロ(漫画)
正式名称
恋吹雪
ふりがな
こいふぶき
別称
椿 藤十郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

本名・椿藤十郎。柴間田部屋所属の力士で、番付は関脇。角界一の美男子で「角界のジゴロ」と呼ばれているが、陰で人一倍の稽古をしており、108キロと力士としてはかなり軽量であることのハンデを感じさせない強さを持つ。「一夜を共にした女性は艶っぽくなる」という伝説があり、様々な女性を抱いては幸せを与えている。

女を抱く前などには肌がほんのりとピンク色になる特質がある。青森県の母子家庭に育ち、高校時代はツッパリだった。

関連人物・キャラクター

ヒムゾン・グラシアス

グラシアツ柔術の使い手。500戦無敗という圧倒的な強さを持ちながら対戦相手への敬意も常に忘れない人格者であり、非常な愛妻家。恋吹雪に野試合を挑まれる。 関連ページ:ヒムゾン・グラシアス

関連キーワード

柴間田部屋

『どす恋ジゴロ』に登場する、恋吹雪が所属する相撲部屋。葛飾区柴又のマンション1階に入っており、恋吹雪の他には幕内1人、十両2人などの力士を抱えている。過去には青吹雪も所属していた。 関連ページ:柴間田部屋

登場作品

どす恋ジゴロ

「角界のジゴロ」の異名を取る美形力士で関脇の恋吹雪(椿藤十郎)には、「一夜を共にした女性は艶っぽくなる」という伝説があった。艶が足りないことで悩む、スナックのママ、歌手、女子レスラーなどの様々な女性が... 関連ページ:どす恋ジゴロ

SHARE
EC
Amazon
logo