息鳴 雲留

息鳴 雲留

まんが極道(漫画)の登場人物。読みは「いきなり くもる」。

登場作品
まんが極道(漫画)
正式名称
息鳴 雲留
ふりがな
いきなり くもる
関連商品
Amazon 楽天

概要

同人作家で、壁サークル主宰者。ヘラヘラしていて、とても口が悪い。年2回の同人誌即売会、コミプ(コミック頒布会の略)で、一番人気のある漫画を見抜く力を持ち、そのエロ同人誌を高額の利益を上乗せした上で売って大儲けしている。第14話で、山本孫太郎虫のピンチ時アシスタントとして初登場。

第16話でエロ漫画家、胎中マル太(たいなかまるた)の恩人として再登場。そして第29話で主役となり「漫画は金儲けのツール」と叫び、いかに儲けているかを誇る(結末で詐欺にあったりするが)。第34話、トレースやコピーで漫画を作成してヒットさせた佐藤折佐馬(さとうおれさま)の回では、折佐馬の作品をコピーしてエロ同人誌を作り、みんなの溜飲を下げた。

第74話でちょっと登場し、あいかわらず大言壮語を吐くが、青虫社の法務部から訴訟を起こされて数千万円の罰金の支払いを命じられる。

登場作品

まんが極道

漫画業界や同人誌界で、人々が起こしたエピソードや起こりそうな話を、虚実取り混ぜて過激に戯画化して毎回完結一話16ページのギャグ漫画として描いているため、特にあらすじは存在しない。しかし、それぞれの話で... 関連ページ:まんが極道

SHARE
EC
Amazon
logo