惑星開発委員会

惑星開発委員会

百億の昼と千億の夜(漫画)に登場する組織。読みは「わくせいかいはついいんかい」。

登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
惑星開発委員会
ふりがな
わくせいかいはついいんかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

アスタータ50に根拠地を置き、“シ”からの指令を受け、宇宙に知的生命体を生み出し、高度な文明を作るというヘリオ・セス・ベータ型の開発を施した。そして各地に関与した委員たちはそれぞれの地で神のように崇められ、宗教の発生が起こった。全容は定かではないが、梵天王に教えを与えた弥勒アトランティスを統治したポセイドンなどがそのメンバーであると推察される。

関連キーワード

ゼン・ゼン・シティー

地球ではない惑星にある都市。かつて滅びが迫った時、A級市民は記号データに自分たちを還元させ、個室のスイミンソウで永遠の夢を見続ける群生生物となることを選び、都市にはロボットのB級市民だけが残された都市... 関連ページ:ゼン・ゼン・シティー

アスタータ50

惑星開発委員会の根拠地であった場所。ここで弥勒やポセイドンを始めとしたメンバーが「“シ”」の指令を受け、宇宙にヘリオ・セス・ベータ型の開発を行うべく、計画を立てていた場所。しかし開発は失敗に終わり、阿... 関連ページ:アスタータ50

登場作品

百億の昼と千億の夜

アテナイの哲学者プラトンは、長年失われた大陸アトランティスについての研究を進めていた。ある時、アトランティスの子孫が住むというエルカシアの村を訪れたプラトンは、宗主によって自分自身がアトランティスの司... 関連ページ:百億の昼と千億の夜

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
ゼン・ゼン・シティー
アスタータ50
登場作品
百億の昼と千億の夜
logo