愚地 克己

愚地 克己

範馬刃牙(漫画)の登場人物。読みは「おろち かつみ」。別称、空手界の最終兵器。烈 海王とはライバル関係。愚地 独歩とは親族関係にある。

登場作品
範馬刃牙(漫画)
正式名称
愚地 克己
ふりがな
おろち かつみ
別称
空手界の最終兵器
関連商品
Amazon 楽天

概要

青年の男性格闘家で、空手を使う。愚地独歩の養子。実の父母はサーカス団の猛獣使いと経営者。少年の時、目の前で実父をライオンに殺されるが、これをなだめて事なきを得るほどの胆力を持つ。愚地独歩の後継者、そして空手界の最終兵器として将来を嘱望される。空手家として理想的な肉体を有し、音速を超えるパンチ・マッハ突きを使いこなすなど、その才能は自他共に認める高みに達している。

しかし、ピクルとの戦いの際、父・愚地独歩に無意識に頼るなど、精神的な甘さを残していた。これを範馬勇次郎に暴かれたことや、ライバルである烈海王の敗北をきっかけに成長。ピクルとの戦いを実現するために、父・愚地独歩を卑怯な不意打ちで倒すことで精神的な父越えを果たした。

ピクルとの戦いの中、究極の打撃である当てない打撃に開眼する。

関連人物・キャラクター

烈 海王

中国拳法を使う青年格闘家。優れた使い手に与えられる「海王」の称号を持ち、誰よりも深く中国拳法の最強を信じる。その思いが強いあまり、かつては空手など他の格闘技を見下すなど傲慢な態度を取っていたが、地下闘... 関連ページ:烈 海王

愚地 独歩

初老の男性格闘家。禿頭で、範馬勇次郎との戦いで失った目に眼帯をし、顔には傷痕が走っているという強面の人物。素手で虎を倒し、武神の異名を取るほどの空手の達人。自ら興した流派・神心会空手の総帥で、格闘家た... 関連ページ:愚地 独歩

ピクル

男性の原始人。短編『ピクル』の主人公と同一人物。岩塩層の中に閉じ込められていたが、現代に蘇生した。ティラノサウルスを素手で倒し、これを捕食するという、人類史上最強の戦闘能力を有しており、強さを求める多... 関連ページ:ピクル

関連キーワード

マッハ突き

『範馬刃牙』に登場する空手技。愚地克己が使う、音速を超える正拳突き。プライドの高い烈海王をして賞賛させるほどで、全身にある関節・骨の回転を連携させることでマッハのスピードを得る。烈海王と郭海皇の助力に... 関連ページ:マッハ突き

登場作品

範馬刃牙

地上最強の生物と恐れられる父・範馬勇次郎を目標として強さを磨いてきた範馬刃牙。ついに範馬勇次郎に挑戦状を叩きつけた範馬刃牙は、更に強くなるための修行として、新たな強敵へと挑む。 関連ページ:範馬刃牙

SHARE
EC
Amazon
logo