愚地 克巳

愚地 克巳

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「おろち かつみ」。別称、空手界の最終兵器。花山薫とはライバル関係。愚地独歩とは親族関係にある。

登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
愚地 克巳
ふりがな
おろち かつみ
別称
空手界の最終兵器
関連商品
Amazon 楽天

概要

青年男性。愚地独歩の養子であり、彼の後継者と目される神心会の空手家。元々はサーカス団で曲芸を見せていたが、実父がライオンに喰い殺されたことにより愚地独歩に引き取られた。空手界の最終兵器と呼ばれて将来を嘱望されている。正統派の空手技に加え、音速を超える拳・マッハ突きや、相手のみぞおちに足をかけ身体を駆け上がっての蹴りなど、身体能力を活かした高難度技も駆使。

折に触れて自らの才能を誇示し、無理矢理地下闘技場に引き出された夜叉猿の息子をいたぶるなど高慢な人物だったが、烈海王花山薫との戦いを経て自らの未熟を自覚した。

関連人物・キャラクター

愚地独歩

壮年の男性で、実戦空手団体神心会のリーダーを務める。虎を素手で倒すなどの武勇伝を持ち、武神と称えられる空手の達人。神心会の選手権大会に参加した範馬刃牙の素性を見破り、優勝をさらった彼を倒すべく、弟子で... 関連ページ:愚地独歩

花山薫

暴力団・花山組の2代目組長。敵対する組織の本拠地に単身殴り込んでこれを全滅させるほどの強さを持ち、「伝説の喧嘩師」と呼ばれる。顔も含めて全身傷だらけという恐ろしい風貌。背中には「一夜の宿を借りた旅の博... 関連ページ:花山薫

関連キーワード

神心会

『グラップラー刃牙』に登場する空手団体。愚地独歩により創設された。直接の打撃を認めるフルコンタクトルールや、大会において広く門戸を開き、他流派からの参加を認める姿勢により実戦的な空手団体と見なされてい... 関連ページ:神心会

地下闘技場

『グラップラー刃牙』に登場する施設。東京ドームの地下深くにあり、秘密を守れる一部の人間しか入れない。時には、格闘技界の現役選手が、通常ではあり得ない組み合わせで戦うドリームマッチの様相を呈することも。... 関連ページ:地下闘技場

登場作品

グラップラー刃牙

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ... 関連ページ:グラップラー刃牙

SHARE
EC
Amazon
logo