愚地 独歩

愚地 独歩

範馬刃牙(漫画)の登場人物。読みは「おろち どっぽ」。別称、武神。範馬勇次郎とはライバル関係。

登場作品
範馬刃牙(漫画)
正式名称
愚地 独歩
ふりがな
おろち どっぽ
別称
武神
関連商品
Amazon 楽天

概要

初老の男性格闘家。禿頭で、範馬勇次郎との戦いで失った目に眼帯をし、顔には傷痕が走っているという強面の人物。素手で虎を倒し、武神の異名を取るほどの空手の達人。自ら興した流派・神心会空手の総帥で、格闘家たちからリスペクトされている。達人でありながら現在も日々の鍛錬を怠らず、ピクルと戦うためにその住処へと忍び込むなど、強さへの情熱は尽きない。

近代のスポーツ的空手ではなく、古くから伝わる実戦武術としての空手を受け継いでおり、不意打ちや急所攻撃といった非道もお手の物。一般人と喧嘩するために夜の街に出歩く様は、いわゆる人格者とはほど遠い。自らの養子である愚地克己ピクルの戦い、そして範馬刃牙範馬勇次郎の親子喧嘩を見守る。

関連人物・キャラクター

範馬刃牙

傷だらけの肉体を持つ高校生の男性格闘家。地上最強の生物と恐れられる範馬勇次郎の息子で、優れた戦いの才能を受け継いでいる。高校生ながら現役格闘家たちを打ち破り、地下闘技場の王者として君臨してきた。その目... 関連ページ:範馬刃牙

範馬勇次郎

範馬刃牙の父。中年の男性。戦場で鍛えられた我流の格闘術を使い、相手を力で叩きつぶすのを好む。素手で巨象や北極熊を倒すという、規格外の格闘能力を持つ。鬼(オーガ)の異名は、全力を出す際に隆起した背中の筋... 関連ページ:範馬勇次郎

登場作品

範馬刃牙

範馬刃牙は、地下闘技場の王者として様々な敵と戦い、強さを磨き続けてきた。ついに目標とする父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつける。 刃牙は、人間大にイメージしたカマキリや囚人のビスケット・オリバ、原始人のピ... 関連ページ:範馬刃牙

SHARE
EC
Amazon
logo