愚地 独歩

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「おろち どっぽ」。

  • 愚地 独歩
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
愚地 独歩
ふりがな
おろち どっぽ

総合スレッド

愚地 独歩(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

壮年の男性で、実戦空手団体神心会のリーダーを務める。虎を素手で倒すなどの武勇伝を持ち、武神と称えられる空手の達人。神心会の選手権大会に参加した範馬刃牙の素性を見破り、優勝をさらった彼を倒すべく、弟子である加藤清澄に己の技術を伝授した。競技場のみならず生活の全てが戦場であるとする、昔の武道家の如き心構えを持つ。

しかし、油断していたところを範馬勇次郎に急襲されて敗北し、復讐を誓った。頭蓋骨の縫合を外す、アゴを外す、相手の視力を奪うなど、人体を破壊するための技に加え、睾丸を体内に引き込んで急所攻撃を無力化するなど、実戦的な技術を多数習得。さらに挑発や奇襲も得意とするなど、底知れぬ実力を持つ。

神心会という巨大組織の長ながら性格は豪放磊落で、根っからの喧嘩好き。西部劇の派手な殴り合いを愛し、これに倣ってノーガードでの殴り合いを演じるなどの茶目っ気を発揮することも。その人柄から、加藤清澄をはじめとする多くの人々に慕われている。

登場人物・キャラクター

我流の格闘術を使う男子高校生。実戦空手団体・神心会が開いたフルコンタクト(直接身体に打撃を当てる)系空手の日本一を決める選手権大会において、外部の人間であるにも関わらず優勝したことから、格闘家たちの注...
元は神心会の一員だったが、実戦的な空手を求めて闇世界へと身を投じる。選手権大会で友の末堂厚が範馬刃牙に倒されたことから、刃牙打倒を誓い、地下闘技場のファイターになった。ルール無用のケンカ空手の使い手。...

関連キーワード

『グラップラー刃牙』に登場する空手団体。愚地独歩により創設された。直接の打撃を認めるフルコンタクトルールや、大会において広く門戸を開き、他流派からの参加を認める姿勢により実戦的な空手団体と見なされてい...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...